ヒアルロン酸注入で若々しい美肌に

肌の衰えを実感し始めたのは30代半ば頃から

ヒアルロン酸 注入 / ヒアルロン酸注入でアバター顔になってしまう理由を医師解説|NEWS ...

肌の衰えを実感し始めたのは30代半ば頃から | 私がクリニックを選ぶ際に着目したポイント | 定期的に施術を受けるほどの満足度

私が肌の衰えを実感し始めたのは、30代半ば頃からです。
20代後半頃から肌の変化を感じていましたが、基礎化粧品によるスキンケアやサプリメントの摂取やマッサージや生活習慣の改善などで対策を行ってきました。
30代前半頃まではセルフケアによる効果を得ることが出来ていましたが、30代半ば頃からはセルフケアでの対策が難しくなってしまいました。
肌のエイジングが急激に加速したような気がします。
私が実感した肌の衰えとしては、シミが増えたり濃くなったりして肌が全体的にくすんでしまう、生理前になると大人ニキビがたくさん出来てしまいニキビ跡もなかなか消えない、寝不足や食生活の乱れや運動不足が続くとすぐに肌に悪影響が及ぶ、キメの粗さが目立ちごわつきやざらつきもありメイクののりが良くない、口元のほうれい線や目元の小じわやたるみ毛穴が目立つ、頬のたるみで輪郭がぼやけて顔が大きく見えてしまうなどがあります。
その中でもとくに悩みが根深かったのが、しわです。
ほうれい線と目元のしわがあることによって、見た目年齢を大きく押し上げてしまうからです。
加齢によるコラーゲンやセラミドやエラスチンが減少し、角質のバリア機能の衰えやターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが生じることが原因であることは自覚しています。
アンチエイジングを意識しつつ、不足しがちな栄養素や成分をサプリメントで補ったり、エイジングケア効果や保湿効果や美白効果が高い化粧品でスキンケアをしたり、生活習慣を見直してみたりなどの対策を自分なりに行ってみました。
潤いが増して乾燥が改善されたり、肌の色が明るくなったりなどの効果は実感することが出来ましたが、たるみやしわを目立たなくさせるのは至難の業だなと痛感しました。
セルフでのケアに限界を感じたので、美容クリニックのヒアルロン酸注入の施術を受けることに決めました。
プチ整形の普及が進んだことにより、美容クリニックの数は昔に比べてかなり多くなったなという印象です。
たくさんあり過ぎて選ぶのがとにかく大変でした。